Top / SWG / Tips

SWG/Tips


ジョイスティックについて

宇宙戦はやはりジョイスティックが快適ですし、何より気分が出て良いです。

値段が手頃なジョイスティックとしては、スラストマスターTop Gun FOX2 Pro(4,980円)がオススメです。その上位版の Top Gun Afterburner II(7,980円)も良いですが、でかいので置き場所に困るかも?

SaitekCyborg evo(6,000円)もなかなか良いという話ですが、残念ながら入手が難しいようです。

同じくSaitekX52(15,000円)は最新製品ということもあってデザイン以外は(SFには合う)全般的に出来がよい。HOTAS(複数のボタンの組み合わせ機能)にも対応。 この度導入されたpub12にてJtLに対応しました。 ランチバッドでは相変わらず名前が表示されませんが、ゲーム内では正常に動作します。 05/01/26に導入されたpub12.1にてランチパッドでも名前が表示されるように。また、ほぼ全てのボタンを使用できる様になっています。

しかし、最もオススメなのは、なんといっても Microsoft SideWinder Precision Pro です。日本人の手によくなじんで扱いやすいですし、非接触式の傾き検出センサーを採用しているため、耐久性がずば抜けています。残念ながら現在は生産終了しており、入手はヤフーオークション等に頼るしかありませんが、中古でも問題は少ないと思います。

その後継の Microsoft SideWinder Precision 2 もなかなか良いスティックではあるのですが、Precision Pro に比べると、傾き検出センサーが接触式となったため耐久性が低下し、またボタンがひとつ少なくなってしまっています。これも生産終了品です。耐久性はそれなりに高いのですが、中古だと少々不安があります。

ロジテックのジョイスティックは作りが悪く耐久性が低すぎるので避けた方が良いと言う噂です。

また、Force Feedback搭載製品を使用すれば、被弾時などに振動を得られますが、どうしても欲しい、というのでなければ特に必要はないでしょう。

いずれにせよジョイスティックは、製品にもよりますが、ハードに使えば半年〜1年で壊れることも多いですので、消耗品と考えた方がいいかもしれません。

ジョイスティックではありませんが、コンバーターを使ってプレステ2のパッドを使うのも割と良いらしいです。

また、余談ですが、せっかく買った(買う予定の)ジョイスティックをJtLを一通りしゃぶり尽くした後に押入れの肥やしにするのは嫌だ、という人は、Star Wars を題材とした宇宙戦ゲームの紹介コーナースペース・コンバット・シム紹介コーナーを参考に他のゲームに挑戦してみるのも良いかも知れません。

eweapons(最大ウェポン)を使おう

2段目の帝国軍トレーニングスキルを取得していれば、チャット欄に /eweapons と打つことで、短時間のみ武器の威力を大きく高めることができます。大型艦攻撃に有効です。

ただし、これを使用中はシールドの回復ができなくなります。また時々発動に失敗して、機体が完全に停止してしまう事があります。こうなるとリアクターの再起動が完了するまで動くことも攻撃する事もできなくなってしまいますので注意してください

チャット欄にいちいち打つのは面倒ですので、ファンクションキーにショートカットを登録しておくといいでしょう。

ハイパースペース(HD)の活用

宇宙で H キーを押すとハイパースペース・ジャンプが可能です。エフェクトがかっこいいのでやったことがなければすぐに試してみましょう。

ハイパースペース・ジャンプは、ミッション遂行中も使うことができます。ただし、作戦宙域外へジャンプしてしまうと、その時点でミッション失敗となる場合が多いですので、その点には気をつけてください。

宙域マップ(N キー)でウェイポイント付近のハイパースペース・ポイントを探してジャンプし、時間を短縮すると言うのが基本的な使い方です。

応用編としては、敵が沸いてからジャンプすることで、逃げるとともに新たに湧くのを防いだり、ハイパースペースを起動してから大型艦に突っ込むことでヒットアンドアウェイを実現したりといった方法もあります。

ヒットアンドアウェイの場合、計算が75%になったぐらいで攻撃開始にできれば、タイミングとして良いようです。/eweapons はぜひ併用しましょう。

ハイパースペースは、チャットではHDと略されることが多いですので、知っておくと良いでしょう。

エンジン、リアクター攻撃の勧め

敵の数が多い場合は、"[" "]" キーでエンジンもしくはリアクターを狙い、敵機を行動停止にしたら、とどめをささずに放置し、次の敵機を相手にするといいです。

同じ時間でより多くの敵機を相手にできますし、新たな敵機が湧くのを遅らせるという効果もあります。ただし、放置したまましばらくすると勝手に爆発しますが、そうなると経験値や戦利品がもらえないので注意しましょう。

スロットルワークの重要性

旋回のための最適な速度は、機体によって異なります。TIEファイターやTIEインターセプターは高速でもよく回りますが、TIEアドヴァンスドは最高速付近では旋回性能が落ち、大体70%ぐらいの速度で最もよく回ります。これがTIEボマーになるともっと極端で、最高速ではほとんど回らず、50%ぐらいで最もよく回ります。

かといって、最もよく回る速度で常に飛べば良いというわけでもありません。速めの速度で回って敵機のうしろについたら、すばやくスロットルを絞ってオーバーシュート(追い抜くこと)を防いだり、相手が遅い場合は、自機の旋回速度が多少落ちてでも遅い速度で回った方がいい場合もあります。つまり、状況に合わせてこまめにスロットルを調整することが大切というわけです。 また、敵機との相対速度を合わせることも重要になってきます。

スロットル付きのジョイスティックであればスロットル調節が直感的にできますので、とても快適ですよ。

戦利品のパーツについて

戦闘で獲得したパーツのうち不要なものは、スターポートにいるスターシップ・シャーシ・ディーラーというNPCに買い取ってもらえるのは、皆さんご存知だと思います。しかし、だからといって、不要なパーツをすぐに売ってしまうのは実はあまり賢明とはいえません。

というのも、リバース・エンジニアリングがあるからです。リバース・エンジニアリングとは、複数の中古パーツを組み合わせてより良いパーツを作り出すシステムのことで、その効果は絶大です。

各中古パーツには、リバース・エンジニアリング・レベル(REL)が設定されており、リバース・エンジニアリングのためには、同じ種類かつ同じRELのパーツを、RELの数だけ集める必要があります。具体的には、REL5のエンジンを5個、といった感じです。高いRELのパーツを揃えるのはかなり大変ですから、不要なパーツでもなるべく集めておいた方がいいというわけです。

リバース・エンジニアリングができるのは、リバース・エンジニアリング・スキルを持ったシップライトさんです。素材となるパーツを集めたら、シップライトさんに頼んでやってもらいましょう。なお、より高いRELのパーツを扱うためには、より高いリバース・エンジニアリング・スキルが必要です。

アーマーに関する注意

船のパーツは、修理するたびに最大HPが減少し、いずれ使えなくなります。アーマーは損傷を受けることが多いだけに、修理の回数も多く、かなり早く老朽化が進んでしまいます。ふと気付くと最大アーマーHPが当初の半分以下になっているということもありますので、何故か撃墜されることが増えたような気がしたら、アーマーの状態をチェックしてみてください。

ウェポンの発射エフェクトが眩しいときは

ウェポンによっては発射時に画面が強く発光し、まぶしくて画面が見辛い場合があります。これは、視点を外部視点にすると回避できますが、外部視点ではちょっとプレイし辛いかもしれません。「オプション」の「その他」で「コックピットを表示」を無効にすると、コックピット視点でコックピット表示が消えるとともに、発光エフェクトも描画されなくなりますので見易いです。ちょっと雰囲気は損なわれますけどね。

資源採掘の奨め

船を作るには大量のリソースが必要です。しかし、リソースを得るのに必要な採掘機(ハーベスター)の1人あたりの設置数には上限があり、1人のプレイヤーが掘れる資源には限界があります。このため、多くのシップライトさんは、慢性的なリソース不足に悩んでいます。

ですから、もしあなたが生産職には興味の無いただのパイロットであっても、ぜひ採掘機をいくつか購入し、シップライトさんが必要とする資源を採掘し、シップライトさんに販売してあげてください。シップライトさんはその分多くの船を作り、成長もすることができますし、きっとあなたの船を割引販売してくれるはずです。これは双方にとって、とても有益なことですよ。

スクリーンショットの撮り方

スクリーンショットを撮るには、PrintScreenキーを押すだけです。撮影した画像は、SWGがインストールされているフォルダの一番上の階層に、プログラムファイル等ど混じって置いてあります。

Ctrl+Shift+H を押すと、HUDの類が全て消せますので、すっきりとしたスクリーンショットを撮ることができます。もとに戻すには、もう一度 Ctrl+Shift+H を押してください。

スクリーンショットの保存形式および画質を、オプションメニューから設定することができます。bmp や tga は画像の劣化がありませんが、ファイルサイズは大きくなってしまいます。個人的には、jpg の最高画質がお奨めです。

グループでミッション中に、チャットを読み逃さないために

「通常」チャットタブからシステムメッセージを消し、システムメッセージは別ウィンドウで表示させると、チャットログが流れにくくなって、大事なチャットも見逃しにくくなります。

  • SWGWiki - Tips 「システムメッセージ・コンバットメッセージを別ウィンドウで表示する方法」を参照。宇宙に出てから設定する必要があるので注意

TIEアグレッサーでミッションを人任せ

TIEアグレッサーの尾部銃座にガナーを乗せる場合、ガナーがミッションを受けているとガナーのミッションを遂行することになります。つまり、ミッションを受けておいて、アグレッサー乗りの人に頼んで尾部銃座に乗せてもらえばミッションを人任せにできるわけです lol

注意点としては、パイロットさんにはミッションのウェイポイントは見えず、ミッションターゲットも近付かないと見えません。ですから、ウェイポイントの座標をパイロットさんに伝える必要があります。ウェイポイントの座標はデータパッドで確認することができます。この伝達がスムーズにできることが大切です。

宇宙でファクションポイントを稼ぐ

トレーナーから受けた必須ミッションを遂行すると、一定のファクションポイントがもらえます。また、Overt宣言をした状態で同盟軍機を撃墜することにより、宇宙でファクションポイントを稼ぐことができます。ただし、敵対するPC機から攻撃を受ける可能性がありますので、そのリスクを理解した上でやる必要があります。宇宙でのOvert宣言の方法に関しては、FAQ?を参照してください。

アストロメク・プログラムのパラレル・ロード

離陸時に WO3, EO3, CO4 の 3 つのプログラムを全てロードすることはしばしば行われると思います。通常、1つのプログラムが完了するまで次をロードすることはできません。しかし、ハイパードライブで別スペースに移動すると、重複ロードを行うことができてしまいます。このことを利用するとロード時間を短縮できることがあります。例えば、次のように使います:離陸 → EO3 → HD → WO3 → HD → CO 。こうすることで、プログラムの実行時間自体は変わらないのですが、ロードだけは HD を行うたびに実行できる為、プログラムを平行ロードする形になり、結果的に総ロード時間を短縮することが出来る場合があります。アストロメクの実行速度が速い場合は、逆に遅くなるかもしれませんので、ご自分の機体で試した上でご利用ください。

スキル・アンロックの流れについて

トレーニングの各段階で、ミッションとスキル・アンロックがどういう順序で行われるのかを記しておきます。下図の T の時点で、次のスキル取得に要求される経験値が貯まっていない場合は、デューティーを行うように指示されます。3 段目だけは、ミッションさえこなせば経験値は不要でスキルを取得させてもらえます。

4 段目 : T → M → T → M → T → M → T → M 3 段目 : M → S → M → S → M → S → M → S 2 段目 : T → M → T → M → T → M → T → M 1 段目 : M → M → M → M → T → T → T → T

M : ミッション T : スキル・トレーニング(要経験値) S : スキル・トレーニング(経験値不要)

ミッション 4-4 を後回しにする

どの中隊でも、4 段目の流れは : スキル取得 → ミッション 4-1 → スキル取得 → ミッション 4-2 → スキル取得 → ミッション 4-3 → スキル取得 → ミッション 4-4 となります(参照)。

このことから、ミッション 4-4 を終える前に 4 段目のスキルが埋まることが分かります。この状態でマスター・ミッションを受けることが可能となります。つまり 4-4 ミッションはやらなくてもマスターにはなれるのです。またマスター取得に、経験値は不要です。マスター・ミッションさえ完遂すればマスターとなることが出来ます。

多くのミッションにおいて 4-4 は最難関となっています。中にはマスター・ミッションよりも難易度が高いと思えるものもあります。マスターになり、より強力なパーツとアビリティを使えるようになってからあらためて 4-4 に挑戦するのも手かもしれません。

マスター・パイロット・ボーナス

マスター・パイロットになると、マスター・パイロット・ボーナスとして、通常より多くの経験値を得ることが出来ます。最大で 3 倍のボーナスがつきます(つまりマスターではない方の 4 倍の経験値を取得できることになります)。マスターとなった時点で、もはや経験値に意味はないのですが、別の中隊に移籍し、1からやり直す場合には幾分楽になります。

 

中型艇に対する戦術

アサルト・ガンボートやノヴァ・クーリエ、YT-1300 などの中型艇は手ごわい相手です。これらと対決する際のいくつかの戦術を記しておきます。ここでは特にミッション中に登場する中型艇について言及します。

まず次のことを知っておきましょう。

  • ウェポンを優先的に壊すことで、実質的に無力化できる。
  • こちらの攻撃は当るが、相手からは攻撃されない距離が存在する機体もある(アサルト・ガンボートなど)。
  • 死角があり、その方向から攻めれば攻撃を受けない機体もある(アサルト・ガンボートなど)。

ミッション中で中型艇が登場する場合、その場面には 2 通りがあります。

1つめは、自機を含む味方集団 vs 中型艇を含む敵集団です。この場合、味方集団が敵集団と乱戦を開始した後に戦闘に加われば、自分が集中砲火を浴びることがなくなるため、中型艇をそれほど意識せずとも攻略できます。

2つめは、自機1機 vs 中型艇という状況です。以下ではこの場面について述べます。

手っ取り早い方法は、/eweapon を使って相手を瞬殺することです。この方法の欠点は、もし /eweapon の発動に失敗すると、船の全機能が停止する為、実質的にミッション失敗となる点です。なぜなら、強敵を前にしての機能停止は、撃墜されることに直結するからです。そして、強敵は往々にしてミッションの最後で現れるので、今までの苦労が水の泡ということになりかねません。

もうひとつの方法は、ボマー・ストライクを中型艇に対して用い、上記の味方集団 vs 中型艇という状況を作り出すことです。ボマー・ストライクならば、失敗しても機能停止にはならないので、こちらは試す価値の高い戦術だといえます。

死角及び、死距離を突くことは非常に良い方法ではありますが、ミッション・ターゲットのように相手が不規則に飛行する場合には、現実的な方法とはなりえません。ケッセル、ディープスペースのガンボートや、ダソミア星系のウォーロードのように直進してくれる場合には良い戦術となりえます。

特殊な方法や状況によらない戦術となると一撃離脱になります。これにも2つの方法があります。1つは、ハイパードライブを用いる方法です。残るは、普通に自機の足を使う方法です。

前者は、ハイパードライブを起動しつつ戦い、戦いの途中でハイパースペースに逃げ込み、修理なりをして再び戦場に向かうというものです。有効な戦術ではありますが、不安定な戦術だといわざるを得ません。なぜなら、ハイパードライブ起動にはかなりの時間を要するからです。

後者は、文字通りの一撃離脱戦術です。それと同時に交差戦法でもあるはずです。自機、敵機が互いに正面から接近し、攻撃を加えあいます。その後、離脱になるわけですが、反転離脱するより、交差し走り抜けるほうが容易です。加えて、お互い遠ざかる形となるため、速やかに離脱ができます。離脱中は回避運動を行うとより効果的です。離脱後は、CT を使いシールドの回復に努めます。シールドが回復し、コンデンサのエネルギー・プールも十分となったところで再び反転し攻撃に移ります。あとはこれを繰り返します。

/eweapon でも、一撃離脱でもコンポーネントを狙った方が良いでしょう。狙う部分は2通り考えられます。

1つめの狙いは脅威となるウェポンです。ウェポンさえ黙らせれば、撃墜したも同然だからです。但し、中型艇には複数のウェポンが装備されている点が問題となります。

別の狙いはリアクター(またはエンジン)です。こちらの方法では相手を停船させることを目的とします。そして停船させたあとは、死角や死距離をつくことで安全に倒します。


  • JOYスティックですが、 Top Gun FOX2 Proを以前使ってたので使用感を言うと、1980円で当時買えたのであまり期待してなかったけど、使ってみるとかなり良かったです。しかし、つい熱くなって力んでたせいか半年ほどでラダーが変になり、センターずれ等で使い物にならなくなりました。調べたところ、スラストマスター製品は耐久がイマイチとの事。コスト、使い勝手が良かったので残念でした。今はMS Precision Proをオークションで買ったのでそれでやってます。耐久性抜群なので、熱くなってもOKです! -- MDM 2004-12-26 (日) 06:52:04
  • 私は Top Gun Afterburner II ですが、私もラダーが結構すぐ壊れました。分解してみたところ、ラダーのセンサーから信号線が外れていました。自分でハンダ付けし直してからは快調です。どうもこの信号線の固定に問題がある感じです。 -- Ishak ShVAK 2004-12-26 (日) 07:12:19
  • 私のtop gunもラダーが壊れました。saitekに買い換えてみましたが、thrustmaster製品に慣れているとsaitekは使いにくいです。仕方ないので、ラダーの壊れたtopgunを、オプションのキーコントロールで、ラダーをclear bindして使ってます。 -- masakazu sakonoe? 2009-09-15 (火) 22:20:46



Last-modified: 2009-09-15 (火) 22:20:47 (3143d)