Top / SWG / 機体ガイド

SWG/機体ガイド

主要性能表

RankShipName積載量速度係数加速減速ピッチヨーロール操縦者同乗者
武器数ミサイル武器数ミサイル
Tier 0プロト軽量型TIEファイター12,0009.750506006003001---
Tier 1TIEファイター(重量型)95,0009.560060030011--
Tier 1TIEファイター20,0009.8405050050025011--
Tier 2TIE/In40,0009.7406040040020011--
Tier 3TIEインターセプター50,00010.0406030030015011--
Tier 3TIEボマー190,0008.5101550502522--
Tier 4TIEアドヴァンスド65,00010.0406030030015021--
Tier 4TIEアグレッサー120,0009.5203015015075111-
Tier 4ロイヤルガードTIEインターセプター80,00010.040040020011--
Tier 5TIEオプレッサー170,0009.035351001005023--
Tier 5VT49/デシメーター500,0008.055505037.5--23
最大速度=エンジンの最大速度×速度係数

TIEファイター - TIE LightDuty Fighter, TIE Fighter, TIE/In Fighter

TIE_fighter.jpg
軽量型標準型TIE/In重量型
積載量12,00020,00040,00095000
速度係数9.69.89.79.5
加速504040?
減速505060?
ピッチ600500400600
ヨー600500400600
ロール300250200300
武器数1111
ミサイル-111

シーナー・フリート・システムズ TIE/In 宇宙専用スターファイター

 銀河内乱の当初から、皇帝はこの戦争が持久戦に持ち込まれることを予測していた。帝国軍のTIEファイターのデザインや戦法を見れば、この戦闘機がこの持久戦のために作られたということが一目瞭然だろう。TIEファイターは数に任せた攻撃に頼っているため、防御力よりも高速性や経済性が重視されている。TIEファイターにはツイン・イオン・エンジンが搭載されており、これによって銀河系の戦闘機の中で最高の速度と操縦性が生み出されている。TIEファイターは反乱同盟軍のほとんどの戦闘機を追い越すことができるほどの速度を発揮することができる。標準的なレーザー・キャノンしか装備していないが、編隊で行動すればたちまち最大の脅威と化す。

コメント

 初期機体であるプロト軽量型TIEファイターは他の2勢力と同様に積載量がほとんどありませんが、エンジン、リアクター、コンデンサを軽い物に交換し、前部アーマーを外すとウェポンとシールドは多少高性能なものを載せることができます。ブースターやドロイド・インターフェイス、カウンターメージャーは積まなくても構いません。

TIEファイター(標準型)  TIEファイター(標準型)になっても積載量は大して増えませんが、ウェポンとシールドだけは良いものを積みたいところです。

TIE/In  TIE/Inになると積載量に余裕が出るので、ブースターやカウンターメージャー、ドロイド・インターフェイスも積むことができるようになると思います。

TIEファイター(重量型)  TIEファイター(重量型)標準形TIEファイターの中でももっとも高い積載と機動力を持つ非常に強力な機体です。高価な機体ではありますが、非常に強力で、これさえあればエース・パイロットまで苦労することもありません。


TIEインターセプター - TIE Interceptor

TIE_interceptor.jpg

積載量: 50,000 速度係数: 10.0 加速: 40 減速: 60 ピッチ: 300 ヨー: 300 ロール: 150 武器数: 1 ミサイル: 1

シーナー・フリート・システムズ TIEインターセプター

 TIEインターセプターは、反乱軍の高速で機動性に優れた戦闘機に対抗するために開発されたものである。速度、操縦性に優れたAウィングに匹敵する戦闘機の開発を目指して、シーナー・フリート・システム社は莫大な資金を投じて従来のツイン・イオン・エンジンを搭載するTIEファイターの基本設計に改良を行なった。新開発のイオン流放射システムを導入することによって、TIEインターセプターはほかの戦闘機ではほとんど実現不可能なほどの鋭いターンや旋回が可能となった。この複雑なエンジン・システムにより、TIEインターセプターは帝国軍の艦隊の中で最も高速な戦闘機となり、ドッグファイトでは他のほとんどの戦闘機よりも優れた性能を発揮する。曲翼型TIEアドヴァンスド・プロトタイプの先進性を取り入れ、小型化かつ強力な戦闘機を実現させている。

コメント

 性能はTIE/Inとそれほど大きな違いはありません。ウェポンは1基しか積むことができませんが、ソーラー・パネルの先端から4分割されて発射されます。


TIEボマー - TIE Bomber

TIE_bomber.jpg

積載量: 190,000 速度係数: 8.5 加速: 10 減速: 15 ピッチ: 50 ヨー: 50 ロール: 25 武器数: 2 ミサイル: 2

シーナー・フリート・システムズ TIEボマー

 シーナー・フリート・システムズ社によって数多くのTIEファイターの改良型が製造されたが、このTIEボマーはそれらの中で最も有用性のある戦闘機といえよう。戦略的な地上あるいは深宇宙のターゲットの攻撃用に設計されたこの重爆撃機は、帝国軍の艦隊の中で最も重武装の戦闘機である。TIEボマーにもプロトタイプTIEアドヴァンスドの曲翼が採用されている。ソーラーパネルに囲まれたコックピット、破壊的な兵器を大量に搭載するための大型のポッドも特徴である。初期型のTIEファイターに比べ速度や機動性に劣るが、その破壊力はほかのどのTIEファイターよりも優れている。

 TIEボマー1機には、魚雷、ミサイル、そしてその他の爆弾が搭載されている。宇宙基地、軌道上のドッキング施設などの攻撃に使用されるが、この戦闘機の有用性が最も発揮されるのは、大型戦艦を攻撃するときである。TIEファイターによって標的の守備を弱めてから、このボマーが標的のシールド発生装置やエンジン・エリアに侵入し止めをさすのである。

コメント

 VT49を除けば帝国機では最大の積載量を誇る爆撃機。ウェポン、ミサイル各2門まで装備可能で、積載量に余裕があるので強力なものを積めます。この重武装に加え、シールド、アーマーも堅固なものを搭載できますが、その分旋回性能は低く、特に高速では旋回性能が非常に乏しいです。スロットルを半分程度にまで落とすとそれなりに回りますが、旋回に惰性があるので慣れが必要。慣さえすれば対戦闘機戦闘も充分に使いこなせるでしょう。

 扱いにくい機体ですが、慣れさえすればTIEインターセプターよりも強いでしょう。エース・パイロットになるための最後の難関、コレリアン・コルヴェット撃沈ミッションでも十分に活躍が期待できます。


TIEアドヴァンスド - TIE Advanced

TIE_advanced.jpg

積載量: 65,000 速度係数: 10.0 加速: 40 減速: 60 ピッチ: 300 ヨー: 300 ロール: 150 武器数: 2 ミサイル: 1

シーナー・フリート・システムズ TIEアドヴァンスドx1プロトタイプ

 TIEアドヴァンスドはヤヴィンの戦いでダース・ヴェイダーが搭乗したTIEファイターの強化量産型である。ハイパードライブやシールド発生装置などのTIEファイターのテクノロジーと従来のスターファイターの部品を組み合わせて実験的に開発され、後にTIEインターセプターの原型となった。ほかのTIEファイターと同様に、プロトタイプの動力部にはツイン・イオン・エンジンが採用されているが、太陽光イオン反応炉の改良により、より強力な駆動力が実現されている。

 エネルギー供給が改良されたものの、速度については従来のTIEファイターよりも僅かに勝っているだけだが、これはシールド発生装置に多くのエネルギーが消費されているのと、重量が増加したためである。しかしダース・ヴェーダーがこの戦闘機を操ると、たちまち死の兵器と化す。事実、ルーク・スカイウォーカーのXウィングをこのシス卿の攻撃から救えたのは、ハン・ソロが操縦するミレニアム・ファルコンのみである。ファルコンのクワッド・レーザー・キャノンの攻撃を受けると、ヴェーダーのプロトタイプは宇宙の彼方へ姿を消した。ヴェイダーはかろうじてハン・ソロの攻撃から逃れ、帝国軍施設に帰還したのであった。その後プロトタイプは修理され、ヴェイダーによって大切に保管された。

コメント

 インターセプターに比べると、高速時の旋回性能がやや劣り、70%ぐらいの速度で最もよく回り込めます。ウェポンは一応2門積めますが、積載量が意外と小さいので1門のみに留めておいたほうが良いかもしれません。


TIEアグレッサー - TIE Aggressor

TIE_aggressor.jpg

積載量: 120,000 速度係数: 9.5 加速: 20 減速: 30 ピッチ: 150 ヨー: 150 ロール: 75 武器数: 1(操縦者) + 1(同乗者) ミサイル: 1(操縦者)

サンテ/シーナー・テクノロジーズ TIEアグレッサー

 TIEアグレッサーは重量爆弾を搭載した汎用宇宙船で、第1のデス・スター破壊前に、反乱同盟軍への物資供給を断絶するために製造された。最も顕著な外観の特徴としては、船体の後尾の背部に搭載された標準より重い対戦闘機用のレーザー・キャノン砲塔である。TIEアグレッサーは戦闘機と爆撃機の中間のようなものである。このTIEアグレッサーは基地や大艦隊から離れ、反乱軍の貨物船などの襲撃任務に用いられる。

コメント

 積載量はTIEボマーには劣りますが、TIEアドヴァンスドの2倍もあります。旋回性能についてはTIEインターセプターやTIEアドヴァンスドには劣ってしまいますが、TIEボマーよりはずっと良く、またTIEボマーのような惰性がほとんどないため扱いやすいです。高い積載量とそこそこの旋回性能を持つ、バランスに優れた機体といえるでしょう。

 後部に同乗者が操作する旋回銃座(パイロットは操作不能、同乗者がいないときは搭載していても機能しません)がありますが、これは搭載しなくても充分強いです。後部銃座を積まない場合は、ぜひミサイルを積みましょう。TIEアドヴァンスドよりはこちらのほうがお勧めかもしれません。

 同乗者を乗せた場合は、経験値は操縦者と同乗者に1/2ずつ入り、戦利品やクレジットは操縦者に入ります。


シーナー・フリート・システムズ社製ロイヤルガードTIEインターセプター

ee.jpg

積載量: 80,000 速度係数: 10.0 加速: ? 減速: ? ピッチ: 400 ヨー: 400 ロール: 200 武器数: 1 ミサイル: 1

シーナー・フリート・システムズ社製ロイヤルガードTIEインターセプター?

 この珍しいスターシップは、皇帝のロイヤル・ガード特有の深紅のカラーを借用しています。皇帝自身によって(おそらくはシーナー・フリート・システムズ社の非公開子会社との契約により)就役させられたものであると言われています。その目的は、皇帝のロイヤル・ガード専用のTIEインターセプターに、より強力かつより機動性のある機体を作り出すことでした。デュラスチール仕立ての特製の色合いは、パイロットが皇帝直属の護衛の一人であることを示し、潜在的侵略者の心を確実な死の恐怖で追い払うよう意図しています。

コメント

 基本的に武装はTIEインターセプターと変わりませんが、積載が80000と大幅に増え、ピッチ・ヨー・ロールが強化されてさらに機動力が上がってます。また、見た目よりかなり当たり判定が小さく非常に防御に優れた機体になってます。


TIEオプレッサー - TIE Oppressor

TIE_oppressor.jpg

積載量: 170,000 速度係数: 9.0 加速: 35 減速: 35 ピッチ: 100 ヨー: 100 ロール: 50 武器数: 2 ミサイル: 3

シーナー・フリート・システムズ TIEオプレッサー ストライク・スターファイター

 新たに開発されたTIEオプレッサーは選ばれた帝国スターファイター部隊のエリート幹部の間に限定数配備されている。この機体は帝国アサルト部隊の前衛として運用でき、十分なアーマーとシールドと共に強力な武器弾薬を載せる事ができるスタンダードTIE船体の改良型を作る目的で建造された。また、その全てに電力を供給するために必要なエネルギーの生成を助けるのに十分なソーラーアレイサーフェイスを持っている。ただ、オプレッサーの中に詰め込まれた全ての攻撃・防御装置はエンジン設置のためのスペースを犠牲にしている。大部分の帝国のファイターは優れた操作性を持つようデザインされているが、TIEオプレッサーは単なる平均的な機体としてほとんどのパイロットに評価されている。ふらふらとした操作性の欠如は、オプレッサーが初期型のTIEファイターに見られるのと同様の配置で基本エンジンを載せているが、より重く、より頑丈なスペースフレームによってその推進力が奪われている結果だ。しかしその欠陥の替わりとして、オプレッサーはどの帝国のスターファイタースペースフレームよりも最も効果的な攻撃的、あるいは防御的な装備を搭載する事ができる。最もベテランの帝国TIEパイロットだけがオプレッサーのフライトテストプログラムに参加する事を許可されており、これらの人員だけが高価なフライトの契約として信頼されるべき忠誠心と同様に、船を用いる適切な戦術的なノウハウを持っていると思われる。現在シーナー・フリート内では「リミテッド・フィールディング・テスト・イニシアティブ」の一部として取り扱われており、帝国海軍によるマイナーな試験プログラムであるように思われているが、送り込まれている戦闘機の実際の数は大抵の同盟軍士官をたじろがせるだろう。

コメント

 確かに重い機体ですが、その積載量を活かし、いいエンジンを積むこと、それとドロイドコマンドを使うことで小型機などとも対等に渡り合うことが出来るでしょう。 何より積載量が170,000あるのは大きな魅力なので、攻撃防御機動性もかなり贅沢できます。使いこなすには多少慣れが必要ですが、一旦慣れてしまえばバランスの取れた素晴らしい機体になると思います。


VT49/デシメーター - VT49 Decimator

vt49.jpg

積載量: 500,000 速度係数: 8.0 加速: 5 減速: 5 ピッチ: 50 ヨー: 50 ロール: 37.5 武器数: 0(操縦者) + 2(同乗者) ミサイル: 0(操縦者) + 3(同乗者)

VT49 Decimator

 VT49は、強襲戦闘艇(Assault ship)と言えるだろう。徹底した重武装が施されており、危険地域に軽量〜中量の貨物を運搬することも可能だ。その比較的小柄な外観は、その機能をよく表しているといえる。ラムダ級シャトルのような戦闘能力が重視されていない機体に見られる、大きな垂直尾翼や主翼が無いことからも、そのことがわかるだろう。装甲および偏向シールドシステムは極めて堅固なものが装備されている。武装も恐ろしいほど強力で、高速な戦闘機を相手にする場合であっても、旋回砲座により互角以上の戦闘が可能である。

 VT49は、自身より速度に勝るどんな船よりも航続力が長く、また自身より航続力に勝るどんな船よりも高速である。このため帝国はデシメーターを多目的艇として活用しており、ニーズに合わせて配備を進めている。小惑星帯のような危険地帯にある盗聴基地への単純な輸送任務に使われることもあれば、長距離偵察任務に就くこともあるし、デシメーター自身を暫定的な盗聴基地として運用することも可能である。帝国艦隊の周囲を監視するピケット艦としての任務にも用いられる。そして、その重武装をもって敵の防御を突破し、ショック・トゥルーパー他の強襲部隊を突入させたり、もしくは目標を完全に撃破することも可能である。最近では、長期間偵察任務用の中型艇として用いられるケースがとても多くなって来ているようだ。また、フリゲート艦やスター・デストロイヤーに比べて隠密性に優れているため、反乱軍の存在が疑われる宙域において攻撃計画を策定するためにも用いられている。貨物スペースには、乗組員の食料に加え、ミサイルや魚雷、機雷など、さまざまな兵器を格納可能である。

 VT49の艇長という地位は、誰もが欲しいものであり、帝国海軍の中階級士官の中でも、誇りに思って良い地位である。乗員数が少ないため、艇長の背後にいつも立っている上級士官の存在が無くても、艇長だけでの指揮が可能である。また、VT49にて有能な艇長としての名声を得ることができれば、帝国海軍のより大型の艦艇の艦長として抜擢される可能性も秘めている。帝国海軍の職業軍人は、階級が下のものを見下し、主力艦への配属という栄誉を与えたがらない傾向があるが、名声が噂となって広まれば彼らも無視できなくなるだろう。


参考 - シップライト必要リソース一覧

RankSteelLow-Grade OreAluminiumIntert PetrochemicalIronFiberplastSiliclastic OreCopperTotal
Tier 02,0001,0001,0001,000----5,000
Tier 17,0004,0002,0002,000----15,000
Tier 212,0006,0003,0003,0003,0003,000--30,000
Tier 324,00012,0006,0006,0006,0006,000--60,000
Tier 432,00016,0008,0008,0008,0008,000--80,000
Tier 570,00020,00010,00010,00010,00010,00010,00010,000150,000
-SteelLow-Grade OreAluminiumPetrochemicalAsteroidIronAsteroidFiberplastSiliclastic OreCopperTotal
TIE重量型24,00012,0006,0001,0001,0006,000--50,000

使用されるリソースの各項目の数値により、最大HPと最大積載量が変化する。  - 最大HP: 熱耐性(HR)x25% + 総合品質(OQ)x25% + ショック耐性(SR)x25%+ 耐久性(UT)x25%  - 最大積載量: 可鍛性(MA)x25% + 総合品質(OQ)x25% + ショック耐性(SR)x25% + 耐久性(UT)x25%


- 船のイメージはSWG米国公式サイトのShipsより引用 - 船の解説はSWG日本公式サイトのeSearch「帝国軍スターシップ:経緯と機能」より一部引用


  • 追加させていただきました、間違ってる点などがありましたら加筆いただけると幸いです -- Osedig Yakek 2005-07-23 (土) 08:09:15


添付ファイル: fileTIE_interceptor.jpg 470件 [詳細] fileTIE_oppressor.jpg 543件 [詳細] filevt49.jpg 484件 [詳細] fileTIE_fighter.jpg 470件 [詳細] fileTIE_bomber.jpg 481件 [詳細] fileTIE_advanced.jpg 449件 [詳細] fileTIE_aggressor.jpg 452件 [詳細] fileee.jpg 464件 [詳細]


Last-modified: 2009-09-14 (月) 00:11:59 (3324d)