Top / SWG / 育成ガイド

SWG/育成ガイド

検証・執筆中です。

育成ガイド

この育成ガイドでは、帝国海軍をソロで攻略することを前提としています。帝国機は積載量の面でシビアですので、そこを考慮したガイドとしてあります。

帝国機における積載量のシビアさから、ミサイル、ブースター、カウンターメジャーは一切使用しません。アーマーも積極的には搭載せず、全てのパーツを搭載した後に、積載量に余裕がある場合に 「隙間に詰める」 程度とし、言及しません。

今日では、重量級 TIE ファイターという非常に優れた船が存在します。この船さえあれば、最初から最後まで済んでしまうという優れものです。しかし、敢えて本ガイドでは、重量級 TIE は所持していないということを前提とします。

ルート・パーツについての注意事項

これからパイロット・トレーニングを進めていく間に、ルート・パーツを数多く手に入れることとなります。パーツの詳細はパーツガイドを見ていただくとして、ここでは本ガイドの趣旨に沿った指針を示しておきます。

Lv6 エンジン、Lv8 シールド、Lv6 コンデンサ、Lv7,8,(9,10) ウェポン、これらのパーツは、後々リバース・エンジニアリングを行う為に必要となります。手に入れた場合は必要数確保しておくようにして下さい。必要数の詳細についてはリバース・エンジニアリングを参照してください。

Lv6 エンジンは、最終的にあなたが最高速重視型の場合は不要となりますが、旋回性重視型となった場合には必須となります。現時点でご自身がどちらが好みか明確にお分かりではない場合は、とりあえず確保しておくことを強くお薦めします。また旋回性重視の場合、定番ともいえる非常に強力なエンジンを手にするために必要となります。

Lv8 シールドは、多くの方が最終装備として使用されることと思います。必要数確保されることを強くお薦めします。こちらも定番の非常に強力なシールドを手にする為に必須となります。

コンデンサには定番と呼べるものがないため、実は難しいのですが、とりあえずは確保をお薦めします。パイロット初期段階ではコンデンサの重要性は低いのですが、後になると重要度が増します。

Lv7,8, のウェポン全て必ず確保しておいてください。ウェポンが最も重要なパーツであることは言うまでもないでしょう。Lv9,10, は少なくともエースをとるまでは無用の品です。エースを取った後も必要となるかは微妙なところです。戦闘機(特に帝国戦闘機)には搭載不可能なほどの質量なのがその原因です。

Tier 0

部隊ガイドを参考に、お好みの中隊を選んでください。中隊に所属すると初期船(プロト軽量型 TIE ファイター)が支給されます。

ver.0 - 0/0/0/0 - プロト軽量型 TIE ファイター
パーツLv質量使用期間備考
リアクター11500〜1.1プロトタイプ・リアクター
エンジン11500プロトタイプ・エンジン
シールド11500〜1.1プロトタイプ・シールド
コンデンサ11500〜1.1プロトタイプ・コンデンサ
D.I.--
ウェポン11500〜1.1プロトタイプ・ウェポン
F.C.--
-7500/12000

※ 実際には上記パーツに前・後部アーマーの質量 1500 x 2 が加わっているはずですが、本ガイドではアーマーについては触れないため、表記していません。

Tier 1

初期船、初期装備のままで全く問題ありません。トレーナーから指示されるままにミッションを遂行してください。Tier1 の全てのミッションを終えると、スキルをひとつ習得させてもらえます。

迷わずパーツ・スキル (0/1/0/0) を学んでください。0/1/0/0 を学ぶことで、Lv3 までのパーツを使用することができます。ここで最初の装備の変更をします。

まず最初にアーマーは外してください。必ず積載量が足りなくなるので、アーマーを積んでおく余裕はありません。 Lv3 ウェポンと Lv3 シールドを搭載します。この2つのパーツは、スキルの上昇と共に使わなくなるので、使い捨てのパーツとなります。しかも、使用期間も短い為、高価な品を用意する必要はありません。ルート・パーツをそのまま使われてもいいかと思います。 同時に、Lv1 の SW 製のリアクターも装備して下さい。こちらのパーツは、Lv1 ではありますが、エース取得まで使用しますので良いパーツをお選びください。質量 1300 以下、生成レートが 12000 以上ならよいかと思います。 コンデンサは Lv1(,2) の品をご用意ください。こちらもあまり長くは使いませんので、手頃な品で構いません。選ぶ際のポイントは、質量と充填率です。充填率 30 〜 35 程度は欲しいところです。 エンジンもできれば交換しましょう。

ver.1.1 - 0/1/0/0 - プロト軽量型 TIE ファイター
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製の生成レート 12000 以上
エンジン11500プロトタイプ・エンジン
シールド33500SW 製またはルート品
コンデンサ1(,2)2000充填率重視
D.I.--初期船には搭載不可
ウェポン33000SW 製またはルート品
F.C.--初期船には搭載不可
-11300/12000

船の準備が整ったら、経験稼ぎをします。選ぶ相手は Tier3 あたりが妥当です。この段階では、アストロメクが使用できないため、少々遠いですが、この後定番となるブラック・スケールがお薦めです。

経験がたまったら、次のスキルを覚えに戻りたいところですが、ここでジレンマが発生します。2 番目に取得したいスキルはアストロメク (0/1/0/1) です。しかし、アストロメク・スキルを取得しても初期船では搭載できません。かとって、船のスキル (1/1/0/0) を習得すると肝心のアストロメク資格がまだということなってしまいます。ここはじっと我慢して 2 つのスキルを習得できる分の経験(15000xp)を貯めてから戻ります。可能ならば、残る 3 つのスキル分の経験(22500xp)を貯めてから戻ることをお薦めします。そうすることで、出撃とトレーナーの間の往復回数を減らすことができるからです。2 つのスキルを習得(1/1/0/1)したら、船のメンテナンスを行います。

ここで新しい船 (TIE ファイター) を購入します。同時にフライト・コンピュータ (アストロメク) を搭載します。Lv1 のドロイド・インタフェース (D.I.) を用います。D.I.を選ぶ際の基準は積載量のみです。ひたすら軽い品をお求め下さい。質量 600 前後の品があればよいでしょう。当然、フライト・コンピュータ (F.C.) も必要です。Lv2 F.C. を購入し、WO3, EO3 をロードします。この時点では、積載量に余裕ができているかもしれません。しかし、すぐにウェポン、シールドを乗せかえるため、それに備えて積載量を節約しておきます。

ver.1.2 - 1/1/0/1 - TIE ファイター
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製
エンジン11500プロトタイプ・エンジン
シールド33500SW 製またはルート品
コンデンサ2,32000充填率重視
D.I.1600質量重視
ウェポン33000SW 製またはルート品
F.C.2-WO3, EO3,
-11900/20000

稼ぎエリアは先と同様にブラック・スケールでも構いませんが、手っ取り早くてお薦めなのは、ロクのニムの小屋のコルセアです。

Tier1 の 4 つのスキル全て取得後、更にもう一度経験稼ぎを行い、経験を上限(60000xp)まで貯め終わった時点で、次のトレーナーのところに向かいます。

Tier 2

経験を上限まで貯めているはずですので、Tier2 のトレーナーに会うとすぐに Tier2 のスキルを 1 つ習得させてもらえるはずです。パーツ・スキル (1/2/1/1) を学び、船の装備を整えます。この時点でシップ・スキル (2/1/1/1) を取ってもいたずらに積載量を持て余すだけとなります。また、Tier2 のスキルには、最大ウェポンという非常に強力なパイロット・コマンドがあるので、シップ・スキルは後回しになります。

Lv5 ウェポンと Lv5 のシールドを搭載します。エンジンも乗せ変えます。これらは使い捨てです。手頃な品をご用意ください。使い捨てとはいえ、単なるルート品では役不足でしょう。SW 製をお薦めします。

ver.2.1 - 1/2/1/1 - TIE ファイター
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製
エンジン4,54000SW 製(またはルート品)
シールド57000SW 製(またはルート品)
コンデンサ2,32000充填率重視
D.I.1600質量重視
ウェポン57000SW 製(またはルート品)
F.C.2-WO3, EO3,
-21900/20000

ミッション 2-1 を遂行し、そのままトレーナーのもとには戻らずに経験を稼いできてください。経験が貯まったらトレーナーのもとに帰還し、報酬を受け、新たなスキルを取得します。ここでは、最大ウェポン(1/2/2/1)をお薦めします。最大ウェポンは非常に有用なスキルです。特にストーム中隊では、この直後にキモジラズ・クローの撃墜という難関が待っています。

残りのミッションを遂行してください。Tier1 のときのように、遂行後経験値を上限まで貯める必要はありません。そのまま Tier3 のトレーナーのもとに向かってください。

Tier 3

Tier3 はミッションが先行し、スキル習得はその後というパターンになります。そのかわり、スキル取得に際して経験値は不要となります(参照)。そのため Tier2 の装備のままミッション 3-1 を遂行しなければなりません。3-1 を遂行したら、最初に取得するのはパーツ・スキル (2/3/2/2) です。

船を TIE/In に乗り換え、ウェポン、シールドを交換します。場合によっては、これらは最終装備となりますので、よい品を選んでください。 ウェポンとシールドはともに Lv7 のものを搭載します。 将来、砲数が 1 門の船に乗りつづける場合は Lv8 以上のウェポンと Lv8 のシールドという組み合わせになります(ver.4.1a)。 しかし、砲数 2 門の船に乗るような場合には、Lv7 を 2 門と Lv7 シールドという装備になりえます(ver.4.1b)。

ver.3.1 - 2/3/2/2 - TIE/In
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製
エンジン4,54000SW 製(またはルート品)
シールド717000SW 製
コンデンサ2,32000充填率重視
D.I.1600質量重視
ウェポン715000RE 品
F.C.2-WO3, EO3,
-39900/40000

ミッション 3-2 を遂行後、アストロメク・スキルを取得します (2/3/2/3)。Lv4 F.C. に乗せ替え WO3, EO3, に加え CO4, CT4 をロードします。CO4, CT4 を導入することでコンデンサに 「シールドの予備エネルギー」 という重要な役割が発生します。このため、充填率だけでなくエネルギー容量も重要になってきます。

ver.3.2 - 2/3/2/3 - TIE/In
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製の生成レート 12000 以上
エンジン4,54000SW 製(またはルート品)
シールド717000SW 製
コンデンサ2,32000充填率重視
D.I.1600質量重視
ウェポン715000RE 品
F.C.4-WO3, EO3, CO4, CT4,
-39900/40000

ミッション 3-3 を遂行後、船のスキル (3/3/2/3) を習得し、TIE/Interceptor を購入します。好みによっては、TIE/Bomber を購入されてもよいでしょう。TIE/Interceptor は機敏で操作性に優れますが、積載量は少ないです。TIE/Bomber は惰性が強く、操作性は悪いですが、積載量は極めて多いです。本ガイドでは TIE/Interceptor を採用します。積載量が増えたところで、装備を整えます。

または、ここでは敢えて機体を換えず、ver.4.1 まで頑張ってみるのも手です。ここで機体を換えても積載量は 10k しか増えません。これではエンジンを交換する程度のことしかできないからです。ただし、各中隊のミッション 3-4 では Tier4 のガンボートやノヴァ・クーリエといった非常に強力な戦闘艇を相手にしなければならないため、厳しい戦いとなるでしょう。

エンジンは最終装備となります。速度優先型の方は SW 製を、旋回性優先の方は RE 品をお選びください。加えて、積載量と相談しつつコンデンサも交換したいところです。

ver.3.3 - 3/3/2/3 - TIE/Interceptor
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製の生成レート 12000 以上
エンジン6,710000Lv6 RE 品、Lv7 SW 製、
シールド717000SW 製
コンデンサ2,32000充填率重視
D.I.1600質量重視
ウェポン715000RE 品
F.C.4-WO3, EO3, CO4, CT4,
-45900/50000

ミッション 3-4 を遂行後、経験を上限 (1000000) まで稼いでから、次のトレーナーに会いに行きます。

Tier 4

既に経験を上限まで貯めているはずですので、ミッション 4-1 の前にスキルを習得できます。ここでは、シップ・スキル (4/3/3/3) を取得し、余裕のできた積載量を活かし、不十分だったコンデンサ、D.I. を交換します。それでも十分な空きがあるはずですので、アーマーを詰めます。

ここで船の選択肢は広がります。帝国海軍正規の機体から TIE/advancedTIE/aggressor、の 2 機種。その他に、Royal Guard TIE/interceptor、Jedi Starfighter、ベルブラブー22、も搭乗可能となります。前 2 機は SW 製となるため費用がかかります。加えて、どちらにも僅かに惰性があるため、ここまで TIE/fighter、TIE/interceptor と機敏な機体を愛用してきた者としては操作性に抵抗を覚えるはずです。更に、後者 3 機が操作性、積載量の両面で非常に優れています。またクエストで入手できるため費用もかかりません。ここでは、これら特殊機を採用します。これにて完成形となります。ここまでこられた方にはもはや助言は必要ないとは思われますが、参考程度に構成例を挙げておきます。

ver.4.1a - 4/4/3/3 - Royal Guard TIE/interceptor
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製
エンジン6,710000Lv6 RE 品、 Lv7 SW 製、
シールド832000RE 品
コンデンサ610000エネルギー容量、充填率、重視
D.I.32700速度重視
ウェポン827000RE 品
F.C.4-WO3, EO3, CO4, CT4,
-83000/80000

ベルブラブー22 や JSF などの 2 砲門機を攻撃型装備にするなら次のような構成もよいかもしれません。

ver.4.1b - 4/4/3/3/ - Jedi Starfighter
パーツLv質量備考
リアクター11300SW 製
エンジン6,710000Lv6 RE 品、 Lv7 SW 製、
シールド717000SW 製
コンデンサ610000エネルギー容量、充填率、重視
D.I.32700速度重視、
ウェポン715000RE 品
ウェポン827000RE 品
F.C.4-WO3, EO3, CO4, CT4,
-83000/90000

稼ぎガイド

宇宙ミッションにおいて「経験稼ぎが面倒だ」という話を何度か耳にしました。ここでは経験値稼ぎについて記しておこうと思います。

大前提ですが、船の装備はできうる限り最高の状態にしましょう。RE パーツや SW パーツを用い、アストロメクも利用します。これらのことが満たされていないのでしたら、パーツガイドを参考にそこから解決してください。

船の準備が整ったならば、次はどんな相手を選ぶかということになります。目安は、ご自身の Tier +2 です。例えば、Tier2 のスキルを取得中でしたら、Tier4 の敵を経験稼ぎの相手にするとよいということになります。ご自身が Tier4 になると、+2 をした Tier6 の敵は存在しません。そのため、Tier4 になると稼ぎに時間がかかるようになります。エリアガイドを参考にどうぞ。

宇宙において稼ぎをする場合、稼ぐ要素が 5 つ存在します。それらのうちのどれを重視するかによって方法が異なってきます。 1. スターシップ・コンバット経験値 2. ルート・パーツ 3. スライス・コンポーネント 4. ファクション・ポイント 5. クレジット

ブラック・スケール

キャッシーク星系 5000, -1000, -5000 最寄 HD : アバター (5000m)、中立 (80000m)、

経験値、パーツを稼ぐには非常によいエリアです。このエリアの最大の利点は、全ての敵が攻撃的ではない (黄色) という点です。この為、全く反撃を受けずに倒すことができます。よって Tier0 〜 5 まで活用できるエリアとなっています。

敵が黄色なため、いつも使っているターゲット手段 (最も近い敵をターゲット) はここでは役に立ちません。このエリアでは、最も近い船をターゲットを用いましょう。

敵が黄色なので、追尾コマンドも有効です。ターゲットし、追尾を行えば、自動操縦で背後を取ってくれます。その後、攻撃を始めれば、極めて安全です。

敵に攻撃を当てると、相手も向かってくる為、流れ弾をあててしまうと複数の敵から攻撃を受けるようになってしまいます。自分が弱いときには、特に注意しましょう。

アバターの HD からが最寄となりますが、途中、アバターを通り越す必要があります。アバター周囲には浮遊砲台があるので、迂回した方が安全です。

ナブー SS デューティー

弱い敵を大量に倒せます。典型的な数による稼ぎとなります。経験は望めません。FP も少々稼げます。撃墜数を稼げるので、短時間で大量のパーツを手に入れることができます。加えて、ディーティー報酬のクレジットも稼げます。ただし、後半にならないと稼ぎが美味しくないので、最後までやりとおせる時間があるときにやりましょう。また、インベントリの空きも 30 以上は確保してから望んでください。秒単位で倒していく爽快感を楽しめます。

ニムの小屋

Tier3 のコルセアが 3 機常時沸きします。このエリアの利点は、近い点です。ニムの小屋 HD から出てすぐなので、短時間で少しだけ稼ぎたいときには最適です。具体的には、Tier1 時代の稼ぎです。ブラック・スケールに行く時間の間にここで稼いだ方が早いです。

ケッセル

FP、経験は稼げますが、敵の密度が低いので、交戦時間より索敵時間の方が長くなりがちです。そこを考慮すると時間効率はブラック・スケールの方がよいかもしれません。

ディープ・スペース

FP を稼ぐには最適です。しかし、エースにならなければ入れないため、トレーニング期間中は無用のエリアです。





Last-modified: 2009-09-14 (月) 00:11:59 (3324d)